foto bambini

2015年6月生まれの息子の育児とカメラ話

脚に発疹。手足口病かと思いきや…

先週、突然10時半にお昼寝し始めた息子ぷちお。

午前中にお昼寝なんて一年近くしていないのでおかしいな?と思ったら、1時間後に目を覚ました時には40℃の高熱が出ていました。

 

発熱時に40℃が出ることは多々あったので、すぐに病院へは行かず少し様子を見ることに。

すると昼過ぎにお昼寝をもう一度した後からどんどん回復し、夕飯時には食欲もいつも通りでさっきまでの熱が嘘みたいに元気になっていました。

 

翌日もその翌日も熱、鼻水、咳など一切なし。

 

 

あれはなんだったんだろうなーなんて思っていたら、発熱から3日後、突然足の甲付近に発疹が現れました

※遠目ですが発疹の画像貼るので苦手な方は飛ばしてください。

 

 

 

遂に手を出したオールドレンズで撮影した百合。

f:id:putioham:20170821231750j:image

発疹。

f:id:putioham:20170821232103j:image

 

子育て支援センターの先生が最近すごく手足口病が流行っているので気を付けてくださいね』と言っていたのを思い出し、ぷちおの口を開けて見ると口内炎のようなものが4つもある!

 

ああ…発熱の次は手足口病か……

こりゃ当分支援センターや公共の遊び場には行けないぞ…と覚悟を決めてその夜は眠りにつきました。

 

そして翌日。

 

ぷちおの顔を見ると、なんだか顔にもうっすら細かい発疹のようなものが…

手足を確認すると、針で突いたような細かい発疹がぶわーーっと大量に手足に広がっていました。グロいので画像なし。

発疹は足の甲〜太腿付近と手の甲が特に多く、半袖半ズボンだとかなり目立つくらい大量に出ていました。

 

あれ、手足口病とはなんか違うような…というかこれ、突発性発疹なんじゃ?

しかし突発性発疹は既に一歳前にやっているし、一人一回しかやらないというのを読んだような…

 

そう考えながら調べて見ると

突発性発疹には2種類(6型と7型)あり、どちらも(1回ずつ、計2回)かかる子もいる

ということが分かりました。

 

 
突発性発疹の特徴である
  • 発熱後に発疹
  • 細かい発疹
  • 激しいぐずり(別名『不機嫌病』)
なども当てはまった為、手足口病ではなく突発性発疹だったようです。
 
 
 
ちなみに突発性発疹と手足口病は熱や発疹の出方、形状が異なるようで
 
突発性発疹
  • 解熱した後に発疹
  • 発疹は3、4日で跡を残さず消える
  • 赤くて細かい平らな発疹
 
手足口病
  • 手の平、足の裏、口内に水疱の発疹
  • 熱がある時から発疹が出る
  • 発疹は治ると褐色のしみのようになり消えていく

 

といった違いがあるそうです。

まさか突発性発疹を2回やる(正しくは1回ずつ)なんて思ってもみなかったので、少しびっくりしました。

 

これで本当に最後だよね?発疹系見るの苦手なんだよ…

ここ数日の超激しいぐずり&夜泣きも突発性発疹のせいだったのね。そうだよね?そう、だよ、ね…?

 

 

1回目の突発性発疹との違いは、2回目はとにかく発疹の量が凄まじかったことです。

1回目の時の比じゃないくらい、手足から顔(頬のあたり)からぶわーーっと全身に発疹が広がっていました。

発疹の出る場所も1度目はお腹や背中を中心に出ていましたが、今回はお腹や背中はあまり出ず、とにかく四肢と顔に出ていました。

 

あと、2度目の今回は熱がすぐに下がりました

1度目は38度以上の高熱が3、4日続きましたが、今回は半日程度でケロッと元気になりました。

遅くかかる方が症状が重いなんて話を聞いたこともあったので、今回の方が熱がすぐに下がったのは少し意外でさした。

 

 

何はともあれ手足口病でなくてよかったです。

今は発疹もほぼ消えて、昨日なんか生まれて初めてお昼寝なしで1日過ごしたくらい元気になりました。

 

初お昼寝なしの日が1日夫に預けている時という、夫の運のなさ。

そんな日、そんな時に限って途中から風邪で体調を崩す夫の運のなさ(2回目)。

 

お昼寝しなかったにもかかわらず、いつもより30分早く寝かしつけるまで寝落ちすることなく元気に遊んでいたぷちおの体力が恐ろしい…

もしかしたら今後お昼寝しない日が増えていくのだろうか…と思うと(貴重な自由時間が失われる)恐怖に震えそうです。

 

落ちていたお花を付けてあげたら喜んでそのまま遊ぶオトメン。

f:id:putioham:20170821232427j:image

ご覧いただきありがとうございます。応援クリックもらえると嬉しいです。


にほんブログ村